読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名も無きブログ

人生にタイトルを付けるとしたら・・・

微笑もて正義を為せ・・・

家に太宰治著『パンドラの匣』があった。

大学の時か、高校の時に買ったのだろう。覚えていない。

パンドラの匣』には『正義と微笑』も収録されている。

ページをめくってみたら、最初の章に次の言葉があった。

微笑もて正義を為せ

私には全く似合わない言葉かもしれない。

人前では作っていることもあるが、普段笑ってない。

笑ってることもあるが、人生が笑えない。

正義。

意識しているつもりではある。

ただ、正義を否定されてしまうことも何度かあった。

曲げるつもりはないが・・・

笑顔が正義であることは理解できる。

でも笑う自信がない。

笑えと言われるが、笑えない。

そういう意味では自分自身が正義ではないのだろう。

会社員時代・・・というか昔から自分には生きる力がないと思っていた。

みんな生きていて素晴らしいなと思っていた。

人と疎遠だったのかもしれない。

確かに昔から人とは疎遠だった。人付き合いは良くない。

そもそも人を信用していない。

信用しているように見せているだけだ。

誰かと行動をする、一番苦手なことだ。

何でこんな人間になったんだろう?

それが自己嫌悪の原因だろう。小学生の頃からそうだ。

心の弱い人間だな・・・