読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名も無きブログ

人生にタイトルを付けるとしたら・・・

南極探検隊

前にルメルト著『良い戦略、悪い戦略』で南極点に初到達したアムンゼンの話をした。

昨日wikipediaを徘徊中に南極大陸の項を訪れた際に、アムンゼン(wikiではアムンセン)とスコットについて読んだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ロアール・アムンセン

https://ja.wikipedia.org/wiki/ロバート・スコット

アムンゼンは最初に南極点に到達した。

彼はイヌイットから寒帯で生きるすべを学んでいた。

犬ぞりを使い、アザラシの毛皮服を着ていた。

試しては改良し、全員が帰還した。

一方スコットは当時最新の雪上車や馬を使った。犬は訓練されていなかったため、使いものにならないと判断していた。牛革の服で防寒した。

しかし雪上車はすぐに壊れ、馬も消耗が激しく、全頭殺すことになり人力でソリを引っ張った。牛革は汗を吸い、凍結して保温性を失った。

また学術調査も兼ねていたため、重い標本も運んだ。

結果、南極点には2番めに到達したが、帰還することはできなかった。

また目的が違っていたらしい。

アムンゼンは個人的目標の達成を主としていたため、万が一には自分の判断で引き返すこともできた。

スコットは英国の威信がかかっており、軍人でもあるため、引き返すことは許されなかった。

本当はアムンゼンになるつもりだったが、現状どうだろう。

スコットになっているような気がする。