読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名も無きブログ

人生にタイトルを付けるとしたら・・・

忘れられていた本

数年前から自己啓発本を何冊か読んでいた。

それらは本棚に置いたり、収納箱に入れていた。

収納箱から一冊の本を見つけた。

その本は一度は読んだのだろう。しおりが巻末に刺さっていた。

著者は、ちょうど読み返してみようと思っていた本と同じ著者だった。

意識して買ったわけではない。その著者の本が二冊あることに初めて気づいた。

そういえば最近、本を読んでいなかった。

気乗りもしなかった。

収納箱にあるということは暫く読んでいないということだ。

ちょっと読み返してみると、新鮮だった。

今自分に必要な本だったのかもしれない。